探偵のアルバイトって何をするの?体験談を激白!!

私が、その探偵事務所に出会ったのは、極めて稀な偶然でした。
というのも、当時仲が良かった友人の彼氏さんが、探偵事務所を開業していたんです。

少し話はそれますが、その彼。
夜はホストクラブで勤めており、友人とはそちらのお店で知り合ったのだそう。

そんな理由で、一緒に食事をしたり、飲んだりする席が何回かあった後、
「時間があるなら、ちょっとアルバイトしてみない?」
と声をかけられました。

元々好奇心旺盛な私は、探偵の世界を覗いてみたかったこともあり、二つ返事でOK。
こうして、探偵さんと一緒にお仕事をする機会を頂いたのです。

探偵のアルバイトって何をするの?【体験談】

さて、探偵のアルバイトを、ほいほい引き受けてしまった私ですが、実際に何をするのか分からないまま。詳しい話を聞くために、探偵事務所へ行ったのですが、意外に普通のオフィスで驚きました。

「探偵に必要な機器など、珍しいものが置いてあるに違いない!」

と思ったのですが、テレビで見かける弁護士事務所のような場所で怪しげな雰囲気はゼロ。

考えてみれば、不安や疑問をいっぱいに抱えた依頼者さんが来る場所ですから、さっぱりと落ち着いた雰囲気と言うのは正解ですね。
(後日確認すると、機材は目につかない場所に、たくさん隠されていました)

で、いざ探偵バイトについて話が始まったのですが、私に依頼されたのは、事務所でのお茶汲みやコピー、資料の整理……といった事務作業ではありません。

友人彼によると、探偵事務所へやって来る依頼の9割以上が「浮気調査」
当たり前ですが「名探偵コナン」に出てくるような依頼は、実際には無いんですね~。

あとは、探偵である友人彼がホストもしていたせいか、ホステスやホストの住所や電話番号、本名が知りたい、という相談や、盗聴器発見といった仕事も多いようでした。

で、メインが「浮気調査」と言うことは、そろそろお気づきでしょうか?
私が探偵事務所のアルバイトで行った仕事、それはズバリ“張り込み”です。

ターゲットの行動を追いかけ、浮気相手の自宅やラブホテルへ入ったのを確認したら、息をひそめてひたすら待ち、出てきた瞬間を写真に収める、というやつです。

世の中の探偵さんは、基本的に毎日こんな張り込みをしているのだそう。
私以外にも、空いた時間にお手伝いしているアルバイトさんがたくさんいるようでした。

探偵のアルバイトを体験したよ!

初めて張り込みを行う日は、友人彼が指導に来てくれました。
時間に余裕があったので、
「ちょっと買い物に付き合って」
と言われ、連れていかれた先が、探偵御用達のショップだったことを鮮明に覚えています。

一見するとお店とは分からない扉。
そこを開くと、無線機や盗聴器を発見する機械、それ以外にも、良く分からない機材が豊富に並べられています。
裏の世界を覗いてしまった感じで、ついワクワクしてしまいました。

さて、その後はターゲットの車を追いかけ、ラブホテルまで尾行。
あとは時間を潰して写真を撮るだけ……と安易に考えていたのですが、これが全然甘かったです。

この日、張り込みをしていたホテルは北と南に駐車場の入り口があり、どちらから出てくるかを探る必要があります。
こんな時のために、張り込み調査員は二人一組で行動することが多いのだと聞きました。

さらに……ターゲットが待っても待っても出てきません。
刑事ドラマで、警察官が牛乳とあんぱんを補給しているシーンがありますが、

このバイトではシャッターチャンスを逃せないため、
スマホをいじったり、食事をしたり、という余裕すらないんです。
休憩できても、せいぜい持参した缶コーヒーを飲む程度ですね。

もちろん視線は駐車場の出入り口から一瞬も離さずに。

最終的にターゲットが出てきたのは、約5時間後。
無事写真を撮ることはできましたが、“待っているだけの楽な仕事”ではなかったことが、よく分かりました。

探偵のアルバイトは割が良い?

私も別の本業を持っていたため、探偵のバイトは土日など空いている日に行っていました。
気になるアルバイト料ですが、半日5,000円、午前午後をまたぐような場合は、8,000円が支給されていました。

探偵のアルバイトを時給に換算すると

1,000円程度ですね。
半日の仕事が、2時間程度で仕事が終わった場合でも、5,000円が支給されていましたし、当時は最低賃金も今ほど高くなかったため、お金だけみると、副業としてはまあ悪くない価格です。

ですが、一つの場所で、じっとその時を待っているだけの時間は、想像以上の緊張感がありますし、“失敗できない”というプレッシャーもあります。

経験を積んでいるプロの探偵さんであれば、これほど大変ではないと思うのですが、バイト感覚で続けていくのは、厳しい世界だと感じました。

探偵のアルバイトを体験してみて

私がアルバイトしていた探偵事務所は当時、多くの依頼を抱えているにも関わらず、人手不足で悩んでおり、彼女の友人である私にまで、声がかかっていました。

その後、「正社員として働かないか?」という打診もありましたが、別にやりたいことがあったため、不定期のアルバイトをしばらく続けることに……。

最終的には、正社員志望の探偵見習さんが増えたため、私の仕事は終わりとなりました。

探偵、いうとカッコいいイメージが強いですが、実際はそうではありません。
ですが、“悩んでいる人を助ける”と言う点では、浮気調査であっても人助けに変わりないでしょう。
世の中の裏側をちょっと覗けたことも、私にとっては良い経験でしたので、やって良かったアルバイトの一つです。

もし今、「探偵のアルバイトをもう一度やってみる?」と聞かれたら……。

結婚してしまっているので、さすがにお断りですが、興味がある方は一度触れてみると面白い世界だと思います。
「忍耐力に自信がある!」
「将来はプロの探偵を目指したい」
という方は、是非チャレンジしてみてくださいね。

この記事を書いた人

この記事を書いた人:juju
依頼媒体:ココナラ