本好きな子供に育てたい!本や字に興味を持つ育て方!!

私の子どもは二人とも本好きです。
幼稚園入学前には文字の読み書きも概ねでき、周囲から、
「どうしたら本好きになるの?」
「なんで字に興味を持ったの?」
と聞かれることもしばしばです。

一人目の頃は、
「たまたまそういう子なのかな?」
と思うだけでしたが、二人目もそうであったことで、
「これが理由かもしれない」
という答えが見えてきました。

そんな私が実践している、本好きになる子育て法をご紹介いたします。

子供が興味を持ったキャラクターの本を買おう

自治体の読書の会や、図書館の読み聞かせなどに参加すると、
「子どもの心を育てるために良書を与えましょう」
といった声がよく聞かれます。

ですが、その時、子どもが興味を持っていないジャンルの本をいくら与えても、
「本はつまらない」
という気持ちを植え付けてしまうだけだと、私は思っています。

逆に、本を好きになれる環境が整っていれば、幼稚園や小学校などでいわゆる「良書」「名作」に触れた時に、「面白い!」
と感じることができます。

そのために必要なのが、「興味を持っているキャラクターなどの本」です。
我が家では、入園前に長男はポケモン、次男はトーマスに興味を持ちましたが、まず買い与えたのがおもちゃではなく、それぞれの図鑑です。

図鑑を見ながら、これは〇〇だね、と文字を指さしながら名前を教えることで、字への興味も湧いてきます。好きなキャラクターに本を開けば出会える、という体験を積むことで、「新しい本が欲しい」「もっと読んでみたい」という気持ちも生まれていくでしょう。

書籍出版を目指している人へ~私が作家になった訳

子供が好きなジャンルの本はとことん揃える

絵本や童話など、子どもがある一つのシリーズにハマることがあります。
そんな時、
「こればかりじゃなく、他の本も読んだら?」
と声をかけるお母さんもいますが、小さな子供は、好きな本であれば100回読んでも飽きません。まずは”本を楽しむ”という時間を大切にしてあげて欲しいと思います。

また、我が家では、一つのジャンルにハマった時、夢中になれるように古本屋やオークションを駆使し、必死になって本を集める、という作業を行っています。

長男が小三。次男が年少という年の差兄弟なのですが、兄が興味を持ったものは、弟にもつながると考え、現在は100人分以上の伝記を集めているところです。
100通り以上の人生から、子どもはきっと、大切な何かを学ぶでしょう。

「子どもが満足いくまで読み聞かせをしてあげる」
というのも本好きになるポイントの一つだと思います。

長男は、幼稚園の頃から童話に興味を持ち、文字の多い本なども1時間以上かけて読んでいました。他にも兄弟がいる場合は、なかなか難しいことですが、時間の許す限り、
「ママ、読んで」
に、応えてあげて欲しいと思います。

同じ本を読んでいることは、子どもとの日常会話を盛り上げることにもつながります。
「〇〇の本にのっていたたんぽぽだね」
「絵本にのっていたのと同じごはん、作ってみようか」
本を読んでいるからこそできる、こんな会話を、是非楽しんでみて下さいね。

あまり本を読まない僕でも捨てなかった本。4冊

この記事を書いた人

この記事を書いた人:juju
依頼媒体:ココナラ