人間関係で悩まなくなる宇宙の法則!!山崎洋実さんのコミユニケーション術

みなさんは日頃どのようなことで悩んでいますか?

人の悩みは大きく分けると3つあるそうです。

1、お金
2、健康
3、人間関係

今回は人間関係で悩まなくなる方法を書いていきます。

コミニュケーションは2つある

人とのコミニュケーション

1つ目は対人関係です。自身と自身ではない人間という定義になります。

自身とのコミニュケーション

2つ目は自身との付き合い、つまり自分自身とどう対話していくかということになります。

コミニュケーションにおけるストレスは一生付きまとう

お金を稼ぐために働くことは必須ですよね!?
職場にも人間関係ついてまわります。

また、健康を維持するにもストレスをためないようにすることも重要ですね。
そのストレスは大概、人間関係からくるはずです。
他人でなくともストレスは発生します。
それは家族でも同様です。

コミユニケーションは自身を変えることから始める

人間が生きていく上で人間関係の悩みはおそらく一生つきまとうことでしょうね。
悩みの中で人間関係の悩みは他の悩みに比べて1番大きい悩みだそうです。

みなさんはコミニュケーションに悩んだときどうしていますか?
「あいつが悪いんだ」と思っていたり、周りの人に変わってほしいなぁと思っていませんか?
周りを変えるのは大変です。相手も人間ですので、自我があり、意思があります。相手も私に対して「変わってほしいな。」と思っていても不思議ではありません。
なので、周りを変えることに視点を置くのではなく、自身のモノの見方を変えましょう。

コミニュケーションで悩むのは子供も一緒

人間関係の悩みは何も大人だけではありません。
子供にだって人間関係の悩みはあります。
ニュースなどでも問題になっていますが、いじめによる自殺などが問題になっていますね?
女の子同士では特に”派閥”なるものができ、女の子は必ずどこかの派閥に所属しています。

SNSなどで情報が拡散し、人間関係で悩む

今の時代、SNSが発達し、SNSを気にしていると見たくない情報まで強制的に見せられてしまいます。
そういった情報に振り回されないことが大事です。

苦手な人で悩む

会社や知人に苦手な人が必ず1人はいると思います。
「あぁ、あの人苦手」
「あの人、すごくムカつく」
など、負の感情が湯水のごとく出てくることでしょう。

人間関係の悩みを考えている時間やエネルギーが無駄!!

みなさんはその苦手な人のためにどれだけの時間を使っているのでしょうか?
会社が休みなのに、その苦手な人のことを考えたり、愚痴を言ったりしていませんか?

愚痴って話すと長くなりますよね!?ほんとに永遠に愚痴を言ってられるんじゃないかくらいに喋れます。
その愚痴を言っているエネルギーや時間、無駄だと思いませんか?

人間関係で悩まなくなる極意

例えば、あなたに10人の友達または同僚がいたとします。

10人中何人が絶対に気が合わない人なのでしょうか?
逆に10人中何人と気が合いますか?

絶対に気が合わない人が10人中2人
すごい気が合う人が10人中2人で、環境が変わっても連絡を取り続ける人です。
残りの人は一緒にいてコミニュケーションは取れるけど、環境が変わったら付き合いがなくなる人。

みなさんもだいたいこの割合ではないでしょうか?

人間関係に悩むな!みんな、誰かしらに嫌われている

はい。この理論でいうと、他人からあなたも少なからず嫌われています。
みんな誰かしらに嫌われているのです!

どこに行っても10人中の割合は変わりません。
必ず、嫌いな人や苦手な人が現れます。

この記事の参考にした山崎洋実さんはこのことを宇宙の法則だとおっしゃっています。

あなたは誰の言動に対して、反応していますか?
気が合う人の言動ですか?

違いますよね!?

嫌いな人もしくは苦手だと思っている人、ムカつくアイツの言動にイチイチ反応しているはずです。

気が合う人の言動にはムカツキませんよね?

みんなと仲良くコミニュケーションをとる必要はない!!

子供のとき、先生や親にこんなことを言われた記憶はないでしょうか?

「みんなと仲良くしなさい」と

そんなあなたに問いたい、あなたはみんなと仲良くしていますか?
していませんよね?

「みんなと仲良く」という妄想を子供に押し付けないでください。
子供がかわいそうです。

子供にもこの宇宙の法則を教えてあげて欲しいと山崎洋実さんはおっしゃられています。

まとめ

いかがでしたか?

あなたに嫌いな人が居るのと同じくあなた自身も誰かに嫌われているのです。

嫌いな人に向かって、心の中で「私の人生で嫌いな人の役割をしてくれてありがとう」と言ってあげましょうね。
人生は時間とエネルギーの使い方です。
時間とエネルギーは無限にあるわけではありません
なので、嫌いな人にその時間とエネルギーを消費しないようにしましょうね。

この記事は山崎洋実さんのを元に自身の言葉に変えて記事にしております。
※一部言動を引用しております。
ご了承願います。