食中毒!!腸炎ビブリオの潜伏期間と症状を解説!!

腸炎ビブリオの潜伏期間はどのくらいなの?

通常は8時間~15時間程度で
最も発症する時間は12時間程度です。

腸炎ビブリオの症状は何?

上腹部の痛みで胃けいれんのような感じです。
必ず起こる症状は下痢です。
下痢が重症化すると脱水症状になるが致死率は低い。

関連記事:食中毒!サルモネラ菌の潜伏期間、症状を紹介!

腸炎ビブリオの発生時期は?

6月~10月で
8月が特に多い。

腸炎ビブリオの原因食物

生で食する近海の魚類

この菌の特徴

3%前後の食塩が存在する環境でよく育ちます。
大腸菌に比べて増殖が非常に速い。
沿岸海域に広く分布している。
増殖適温は30度~37度
pHは6.0~9.0の間で増殖が可能である。
pHは7.5~8.0が最適な増殖条件である。

関連記事:食中毒!ウエルシュ、カンピロバクター、エルシニア、リステリア

腸炎ビブリオの感染経路は2つある

1つ目はスーパーなどの刺身を購入したものに菌が付着している。
2つ目は生魚を購入後、家で捌いたものに菌が付着していて、調理器具を洗わずほかのものを調理する。

腸炎ビブリオの予防方法

加熱が有効だが、
生食の場合は流水でよく洗うことが有効である。
温度が10度以下では増殖しにくく
4度以下では増殖しない。

関連記事:食中毒!!病原性を持つ大腸菌の種類と症状を紹介!!

腸炎ビブリオの症状が起こるまで。

感染経路1つ目

海温20度以上で増殖する

魚に付着して市場へ

店に入荷し刺身などに加工する(運搬の際、温度管理が悪いと菌が増殖する)

食卓に並びます。

潜伏期間を経て

発病する

感染経路2つ目

海温20度以上で増殖する

魚に付着して市場へ(この段階で付着している量は少ない)

店に入荷する(運搬の際、温度管理が悪いと菌が増殖する)

家で生魚をさばく。

包丁、やまな板を洗わずサラダなどを作成し菌が移る

食卓に並びます。

潜伏期間を経て

発病する

まとめ

いかがでしたでしょうか?
腸炎ビブリオ菌は基本的に加熱しない魚類に付着しています。
魚類をさばくときは魚をよく水で洗ってから調理するようにしましょう
魚をさばいてすぐに食べることも菌を増やさない重要なこと。
魚をさばく際は「よく洗い、さばいたら、すぐ食べる」を鉄則にしましょうね!