FX初心者必見!!FXの長期トレードのメリットとデメリット

みなさんもFXの短期トレードで失敗した経験があるって人もいることでしょう。

今回はFXの長期トレードが短期トレードに比べて唯一無二のメリットがあること、デメリットを紹介します。

メリット:FXは長期トレードの方が値が戻る可能性がある!!

FXの長期トレードは短期トレードに比べて、長いあいだ、持っている建玉を放置するので、値が元の位置まで戻る可能性が高いのです。

為替の日足をみてもらうとわかると思うのですが、だいたい3~4ヶ月程度で値が上下しているのがわかります。

FXnano使用者に贈る!マネーパートナーズのFXnano(100通貨)のレバレッジの計算法、調整法を紹介!!

メリット:FXは短期トレーダーはプロ、長期トレードで勝負をかける

1分足だったり5分足だったりもある程度の時間で上下していますが、そこには世界に何万人といるプロのトレーダー達の陰謀が渦巻いており、
ぽっと出のFX初心者が勝てる相手ではありません。
そのため、FX初心者の短期トレードはおすすめしません。

長期トレードでコツコツ稼いでいきましょうね。

メリット:FXの長期トレードならスワップポイントも貯められる。

FXの長期トレードは、長い間、ポジションを持つのでスワップポイントも少しずつですが貯まっていきます。
ただしスワップポイントを貯めようとして高スワップポイントの建玉を持つと値が下落していくばかりでロスカットになってしまいます。

損は出したくないですよね!?
なので高スワップポイントの建玉は購入してはいけません。

ロスカットになってしまっては、元も子もないので絶対に高スワップポイントの建玉を購入するのはやめましょう。

例えば、
スワップポイントはカレーライスで言うところの福神漬け程度と考えてください。

カレーライスに福神漬けがなくても食べられるという意味です。

あくまでメインはカレーライスです。

つまり、値の差を利用して利益を得ることがメインであることを忘れないでください。

初心者必見!FXはローリスク・ローリターンを狙え!

FX初心者必見!FXの長期トレードでポジションを持つ時のポイント

長期トレードですので、月足をみます、
現在、値が上昇傾向にあるのか、下降傾向にあるのか、

月足が下降傾向にある場合は購入するのはFX初心者の方はやめておいた方が良いでしょう。
逆張りという手法もありますが、初心者は順張り1本でいきましょう、
初心者はどこまで値が下がっていくのか予想するのが難しいからです。

慣れてきたら逆張りも視野に入れましょうね。

3ヶ月に1度、損益をみるだけで良いと思います。

さきほども書きましたが、理由は日足が3~4ヶ月で上下運動しているのでそれよりも短い期間で損益を見ても意味がないからです。

※逆張りとは値が下がっている途中で建玉を購入して、跳ねっ返りを狙う手法です。値が下がりきる前に購入して、下がり切ったあと、値が上昇してくるのを見越し利益が出た段階で売ること。

※順張りとは値が上がっている時に建玉を購入して、値が下がる前に売ってしまうことです。

FX会社に選びに迷っている人必見!!マネーパートナーズで始める100通貨単位のFXnanoのメリットを紹介!!

デメリット:FXの長期トレードでは為替の変動に耐えるため、証拠金維持率を高くしないといけない!!

長期トレードですので、ある程度の値の上下運動に耐えなくてはいけません。

最低7円くらいの下落に耐えるくらいの証拠金を入れておく必要があります。

日足の値の上下幅が6円前後なので、7円の値動きに耐えられることが必須と言えるでしょうね。

デメリット:FXの長期トレードは、証拠金維持率700%以上が理想

証拠金維持率700%以上が理想といえます。

もっと堅実に取引をしたいなら、10円の下落に耐えられるように証拠金をいれておくようにしましょう。

10円の下落に耐えられるように証拠金をいれておけば、まずロスカットにはならないでしょう。

ただし、ちゃんと3ヶ月周期で損益の確認をしていればの話です。

あんまり長いあいだ放置してると10円の下落に耐えられる証拠金でもロスカットになってしまう可能性があります。

証拠金維持率に気をつけてFXの長期トレードをしましょうね!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

FX初心者は短期トレードはしない。
FX初心者は順張りをしよう!
3ヶ月に1度損益をみて必要ならば決済する。
スワップポイントはおまけ程度に考えておく。
損切りも必要。

以上のことを頭にいれて長期トレードを楽しんでくださいね。