FX初心者必見!FXはローリスク・ローリターンを狙え!

あなたも1度はFXトレードをやってみたいと思ったことありますよね!?やり始めたんだけどでもやっぱりFXトレードってなんか怖いイメージがある?
だが、大丈夫です。僕もFX取引は怖いイメージがあったんですが、リスクの管理さえ出来るようになればFXトレードをして大損をしてしまうことはありません。

FX取り引きをやり始めた方に教えるローリスク・ローリターンでできる方法を紹介します。

FXで損しないための心構え【リスク管理が大事!!】

結論を先に言っておきますね、FXで利益をあげている人たちは皆、リスク管理ができています。

みなさんはFXトレードって怖いイメージありませんか?

怖いというイメージや大損をだしてしまうなどのイメージが先行してしまってなかなか手が出せない方が大勢います。
でもそんななかFX取引を始めたあなたは他より頭1つ分抜きでた訳です。
僕もそんなあなたに大損をこいて失敗をして欲しくないのでこのページをみて勉強してください。

そもそもFXトレードで利益を出している人もいるのはなぜだと思いますか?

はい。結論から言うと
「自身でルールを決めて取引をし、自身で決めたそのルールを守っているから」
です。

FXトレードを始めた最初のころは損することもありますが、
FXトレードのルールを決めてやる人たちはリスクヘッジ、つまりリスクをコントロール出来ているわけです。

そのリスク管理の代表的な例が損切りですね。
わかりやすいでしょ!?
リスク管理をちゃんとしているからこそ利益がでるんです。

僕もFXトレードをやり始めた時は投資ではなく、投機になっていました。
チャート分析もロクにせず、適当なところで通貨を購入して損を出して「あ~あ」って感じですね。(笑)

僕みたいにならないようにあなたはちゃんとリスク管理をするようにしましょう。

FXは常に、為替が暴落する可能性を考えておく

結論から言うと余剰資金を最初から全部注ぎ込むのではなく、余剰資金の半分からはじめろ!です。

国の通貨は上がったり下がったりを常に繰り返しています。
常に大損する可能性を考えて予算の管理を徹底的にやりましょう。

いつも最悪の状態を想像し、余剰資金の半分を使わないで置いておき、残りの余剰資金で大損を出してしまう危険度(証拠金維持率)を見ながらFX取引を取引するのです。

後悔は先には立ちませんので必ず大損を出してしまわないように証拠金維持率を見ながらFX取引。
余剰資金の半分のお金を溶かしてしまったら、その失敗を糧にして、残りの半分の資金でFXトレードを再び挑戦。
そして以前よりも自身のルールを厳しく設定してください。!

僕もFXトレードで損を出した経験から学び、現在もトレードをしています。

国の通貨を買う前に本当にこのタイミングで買って大丈夫か?と自問自答してから買うようにしてください。
予算が半分残っているからと適当な取引をしていては意味がありません。

みんな1度は失敗するものと考え、予算を半分にしてまず余剰資金の半分でFXトレードをはじめてください。

ローリスク・ローリターンでもFXにリスクは必ずついてくる

FXは値動きが上がったり下がったりを繰り返すので得をしたり
逆に損をすることだって当然あります。
それを理解したの上でFX取引をするようにしてください。

ここから内容をざっと紹介します。

  • ハイリスク・ハイリターンって何?
  • ローリスクローリターンって何?

では個別に紹介していきますね。

FX:ハイリスク・ハイリターンについて

みなさんは「ハイリスク・ハイリターン」って言葉聞いたことがありますか?

ハイリスクとは、
大きな危険を伴うということです。
ハイリターンとは、
大きな見返りがあるということです。
FXでいうと、大金を賭けて、大金を得る又は大金を失う
の二者択一になります。

賭け金(購入する通貨)が多くなれば、それだけ損益も大きくなります。

FX:ローリスク・ローリターンについて

「ローリスク・ローリターン」って言葉聞いたことがありますか?
ローリスクとは
少ない危険で済むことを指します。
ローリターンとは
少ない見返りが見込めるということです。
FXでいうと小金を賭けて、小金を得る又は小金を失う
の二者択一になります。

賭け金(購入する通貨)が少なれば、それだけ損益も少なくなります。

FXのローリスク・ローリターン取引:バイナリーオプション取り引き

バイナリーオプション取り引きも値動きの上下を予測します。
国の通貨の値が上がるか下がるか予想する訳です。

通常のFXトレードと違うところは、値幅によって損益が上下しません。
つまり、損益は固定なのです。

賭け金以上の損は出ないので安心して取り引きができます。
つまり、リスクをコントロールできるFX商品です。

レバレッジはなく、追証もありません。
安心ですね。

50円からFX取り引きを始められますから、
初心者でも安心してトレードできます。

バイナリーオプションをもっと詳しくしりたい方は下記のリンクへ
GMOクリック証券の 外為オプション(バイナリーオプション)

少額から出来るFXは1通貨単位でローリスク・ローリターンができる!!

結論から言うと通貨単位を低くすればローリスク・ローリターンになります。

通貨単位とは1ドル100円の1ドルが1通貨です。通常のFX取引ですと1万通貨からです。
1万通貨を日本円に換算すると1ドル100円として、100×1万です。
まぁつまり1万通貨でFXトレードをするのに100万円いるわけです。

1通貨単位で扱っているFX会社を探して取引をすれば100円から取引ができるわけです。
※正確には100円ではできません。

FXで利益がでる仕組みを解説

1ドル 100円だったり
1ドル 110円だったり。

この円の差を利用して利益をだします。

例えば1ドル100円の時に100円をドルに両替して
1ドル110円の時に円に両替すれば10円の利益がでるわけです。

そもそもFX会社にはそれぞれの「最低取引通貨単位」があります。
その名の通り、取り引きできる最低の通貨単位です。

この取引が出来る最低の通貨単位が低い所を選びましょう。

FXの通貨取引単位の種類

通貨単位には

  • 1通貨
  • 100通貨
  • 1000通貨
  • 1万通貨
    があります。

FXは予算に応じて、取引通貨単位を変えて取り引きしよう

予算によって、通貨単位を変えると良いです。

言っておきますが、通貨単位を大きいところからFXを始めて損をするのはあなたですよ。

なので1通貨単位から始めて、慣れたら通貨単位を上げて行きましょう。
当然ですが、通貨単位が上がれば、取引するお金の額も大きくなります。

FX会社が倒産した場合

FX会社が倒産した場合は、預けている資金が保証されます。
つまり、資金は戻ってきます。

FXで大事なのは利益を出し続けること

1円2円の利益を出し続けられるようになることが重要なのです。

スプレッドが狭い、米ドルは比較的、利益になりやすいです。

FXには「買値」と「売値」の2つの値段があり、その差を「スプレッド」といいます。

買値でドルに変えて、売値で円に戻します。
売値の方が高いので、買ってすぐに売るとスプレッド分(買値と売値の差の分だけ)損します。
スプレッドはFX会社ごとに異なります。
スプレッドが狭いFX会社を選ぶようにしましょうね。

ローリスク・ローリターンは利益をだす法則をみつけるためにやると考えてください。

利益を出す法則をみつけたら、通貨単位を上げれば良いのです。
通貨単位を上げれば、必要なお金も増えてしまいますが、利益をだす法則を見つけたら
こっちのものです。通貨単位をあげても必ず、ローリスク・ローリターンで見つけた法則通りにやってください。

まとめ:最低取引通貨単位に気をつけて口座開設を!!

いかがでしたでしょうか?

FX取引を始めるときは最低取引通貨単位に気をつけてFX会社に口座を開設するようにしてくださいね。
この記事を見た君がFXで利益を出し続けることを願っています。