マネーパートナーズ・FXnano使用者に贈る!ロスカットラインを計算する方法の紹介をします。

マネーパートナーズのFXnanoでFXの取引をしていて、みなさんはロスカットラインを知りたくなった経験はありませんか?

※ロスカットラインとは購入した建玉がロスカットになる金額をいいます。

今回はFXnanoのロスカットラインをしるための計算方法をご紹介します。

FXnanoのロスカットラインを計算する方法を紹介

結論から言います下記をみてください。

評価レート±{(純資産-建玉必要証拠金)÷合計建玉数}=ロスカットライン

※評価レートの+-の決め方
※買いポジションなら-
※売りポジションなら+

※1つの国のポジションのみを持っている場合だけ利用可能な、ロスカットラインを知るための計算式です。

上記の計算式がロスカットラインを計算する式になります。

2018/6現在のFXnano、AUD/JPYの100通貨あたりの建玉必要証拠金は340円です。

FXnano使用者に贈る!マネーパートナーズのFXnano(100通貨)のレバレッジの計算法、調整法を紹介!!

平均約定レートからロスカットラインを計算する方法を紹介

例えば、受入証拠金が5千円。AUD/JPYの為替を買いポジションで200通貨持っていたとします。

{5千円(受入証拠金)-(340×2【100通貨340円なので×2】)}÷200=ロスカットライン
※受入証拠金とはFXnanoの口座に入っている金額のことです。

(5000-680)÷200

4320÷200=21.6

AUD/JPYの買いポジションを持ったレート(建玉購入金額(平均約定レート))からマイナス21.6円でロスカットになります。つまり平均約定レートから21.6円を引いた値がロスカットラインです。

AUD/JPYを買いポジション80円で買った場合は58.4円がロスカットラインになり、
AUD/JPYを売りポジション80円で買った場合は101.6円がロスカットラインになります。

※買いポジションはグラフが上昇したら利益、下降したら損失
※売りポジションはグラフが下降したら利益、上昇したら損失

先ほどのロスカットライン計算式にあてはめると

【買いポジションの場合】
80-{(5000-(340×2))÷200}=58.4

【売りポジションの場合】
80+{(5000-(340×2))÷200}=101.6

FXで損切りできない人必見!!損切りするための対策を紹介!

現在の評価レートからロスカットラインを計算する方法を紹介

条件はロスカットラインを平均約定レートから計算する時と同じで、
受入証拠金が5千円。AUD/JPYの為替を買いポジションで200通貨です。

AUD/JPYを買いポジション、80円で建玉を購入し、現在のグラフの値(評価レート)が78円だった場合を説明します。

評価レート-{(純資産-建玉必要証拠金)÷合計建玉数}=ロスカットライン

78-{(純資産【受入証拠金-損失】-680)÷200}=ロスカットライン

78-(3920÷200)=58.4

80円で購入したAUD/JPYの買いポジションが現在78円だった場合のロスカットラインは58.4円となります。

※3920は80円から2円分の損失(1080)を5千円(受入証拠金)から引いたものになります。つまり5000ー1080=3920になります。

評価レートでやっても平均約定レートでやっても結果は同じになります。

初心者必見!FXはローリスク・ローリターンを狙え!

まとめ:ロスカットラインを知りロスカットにならないように!

いかがでしたでしょうか?

評価レートでも平均約定レートでもロスカットラインは計算できます。

純資産とは受入証拠金から未確定損益を足したものになります。

※購入時は建玉
※建玉を持っていることをポジションとして説明しています

ロスカットラインを計算して、ロスカットラインを知りロスカットにならないように取引をしましょうね。