FX初心者に贈る!!1pips(ピップス、ピプス)っていくら? 10円?100円?計算方法などをめっちゃ優しく解説します。

1pips(1ピップス、1ピプス)っていくらなんだろうって思ったことはありませんか?僕も最初は1pipsっていくらなのか分からずに取引をしていました。

ですがFX取引をやっていくうちにだんだんわかるようになっていきました。あなたもFX取引をやっていくうちにわかるようになります。頑張って慣れていきましょうね。

この記事で扱うことをザッと紹介します。※クロス円を基準としています。

  1. 1通貨で1pipsは1銭
  2. 通貨単位による1pipsの利益とは?
  3. 10円の利益を出すには、1通貨で1,000銭必要
  4. 100円の利益を出すには1通貨で10,000銭必要

fxのpips【ピップス、ピプス)】って何?

FX取引においてpipsは知っておかないといけない用語ですよね!?

1pips(1ピプス、1ピップス)は日本円で言うところの1銭になります。

1銭とは1円の100分の1のお金に相当します。

僕がFX取引に利用しているマネーパートナーズのFX nano(100通貨単位)の場合、
トレードをする際の値段の表示は下記のようになっています。

クロス円の場合(外貨と円のペア)
※クロス円とは日本円と外国の通貨のペアで取引をすることを言います。

USD/JPY(日本円と米ドルでの取引・米ドルを売り買いする)

※青いボタンのほうが売りポジション、赤いボタンのほうが買いポジション。

米日ペアの通貨の値段

110.124
110.128

この場合の買・売ともに1pipsはどこかというと110.124の2(赤い数字)が1pipsの部分になります。

110.112をpipsに換算すると11011.2pipsとなります。

GBP/JPY(日本円と英ポンドでの取引・英ポンドを売り買いする)

日英ペアの通貨の値段

142.110
142.122

売ポジションの1pipsは142.110の赤い部分が1pipsの部分になります。

買ポジションの1pipsは142.122の赤い部分が1pipsの部分になります。

ストレートドルの場合(外貨ペア)
※ストレートドルとは米ドルが世界の基準になるお金のため米ドルが入っている通貨ペアをいいます。

AUD/USD(豪ドルと米ドルでの取引・豪ドルを売り買いします。)
売りポジションの値段⇒0.73574
買いポジションの値段⇒0.73588

NZD/USD(新ドルと米ドルでの取引・豪ドルを売り買いします。)
売りポジションの値段⇒0.67022
買いポジションの値段⇒0.67042

ちなみにSBI FXトレードさんの場合のトレードする際の値段の表示は下記のようになっています。

USD/JPY(日本円と米ドルでの取引・米ドルを売り買いする)

日米ペアの通貨の値段

110.1579
110.1606

AUD/USD(豪ドルと米ドルでの取引・豪ドルを売り買いします。)

豪米ペアの通貨の値段

0.735856
0.735935

売ポジションで1pipsに相当する場所は0.735856の8(赤い数字)です。

買ポジションで1pipsに相当する場所は0.735935の9(赤い数字)です。

※1pips = 0.01セント=0.0001ドル
※10pips = 0.1セント =0.001ドル
※100pips= 1セント =0.01ドル

1ドル=100円の場合

1セント=1円=100pips    =0.01ドル
10セント=10円=1000pips  =0.1ドル
100セント=100円=10000pips=1ドル

通貨ペアの国名

JPY=>ジャパニーズ円(YEN)
USD=>アメリカドル
GBP=>イギリスポンド
AUD=>オーストラリアドル
NZD=>ニュージーランドドル

FX初心者でもわかる損益の出し方

たとえば1000通貨で取引しているとします。

その場合1円動くと1000円分の損益が発生します。

1ドル100円で1000通貨買っていた場合

99円になったらマイナス1000円

101円になったらプラス1000円です。

100通貨の場合は1円動くと100円分の損益になります。

 

1ドル100円で100万通貨を買っていた場合は、

99円になったらマイナス100万円

101円になったらプラス100万円です。

取引通貨単位によって変わる1pips(ピップス、ピプス)の利益

結論からいうと1通貨で取引をすると1pips(ピプス、ピップス)は1銭の利益です。

つまり

1銭=1pips=0.01円

となります。

あとはこれに取引する通貨を×(かける)だけです。

たとえば100通貨で取引をする場合は1銭に100通貨の100をかけるので100銭になります。

100銭は1円です。

100通貨で1pipsの利益が出た場合は日本円に換算すると1円になります。

100銭で1円なので100pipsでも1円です。

つまり

100銭=100pips=1円となります。

通貨数÷100×1円が1pipsの利益になります。

利益が10円になるには何pips必要?

1万通貨は0.1pips必要です。

1万通貨×0.1pips=1000pips=1000銭⇒10円

1000通貨は1pips必要です。

1000通貨×1pips=1000pips=1000銭⇒10円

100通貨は10pips必要です。

100通貨×10pips=1000pips=1000銭⇒10円

上記から導きだされる式は

通貨数×pips=1000になれば10円の利益ということになります。

利益が100円になるには何pips必要?

1万通貨は1pips必要です。

1万通貨×1pips=10000pips=10000銭⇒100円

1000通貨は1pips必要です。

1000通貨×10pips=10000pips=10000銭⇒100円

100通貨は100pips必要です。

100通貨×100pips=10000pips=10000銭⇒100円

上記から導きだされる式は

通貨数×pips=10000になれば100円の利益ということになります。

pips(ピプス、ピップス)を計算して利益を計算する方法【fx】

通貨数×pips÷100=円

通貨数×pips=銭

又は

1円分の上昇の場合⇒取引通貨単位×1円となります。

1000通貨で取引していた場合は1円の値段が上昇すると1000円の利益になります。

逆に1円値段が下がると1000円の損失になります。

この記事で紹介したfx会社

マネーパートナーズ:≪手数料ゼロ≫のFX取引なら。
5千円から始めるFX投資。FX専業初の上場企業マネーパートナーズ

SBI FXトレード:SBI FXTRADE

関連記事:FX取引をしたいけど口座開設のやり方がわからない人に贈る!!口座開設のやり方をめっちゃ優しく解説します。【SBIFXトレード】

まとめ

いかがでしたでしょうか?

pipsから円を計算する方法はおわかりいただけたでしょうか?

通貨数とpipsを掛けたら銭になるんだって覚えておけば間違いないでしょうね。

100銭で1円とも覚えておきましょう。

以上、お読み頂きありがとうございます。