相手のカードの数字を当てるゲーム。アルゴの遊び方(ルール)を紹介!

※アイキャッチ画像:Amazon

アルゴで使用するものは何?

アルゴカード24枚
内訳【0から11までの数字がのっている白と黒のカード】

ポイントチップ40枚
緑色(10点)16枚
黄色(20点)12枚
青色(30点) 8枚
赤色(40点) 4枚

中身

Amazon:アルゴ

アルゴのルールと概要

アルゴの概要

アルゴは相手のカードの数字を当てるゲーム。

アルゴのルール

全部のカードを裏にしてシャッフル、互いに1枚取り数字の小さいほうが親です。
同じ数字だった場合は黒が小さいとします。

24枚のカードをシャッフルし数字が見えない状態で各プレーヤーに4枚ずつ配ります。
残りのカードは山札として、場の真ん中におきます。

初期配置

配られたカードは相手に見えないようにして、自身からみて左から小さい順番で裏(数字がない方の面)にして並べます。
黒のカードと白のカードが同じ数字だった場合は黒が小さいとします。

例えば、配られたカードが白1,黒11,白0,黒1だったとします。

黒カードと白カードの数字(1)が同じですね?この場合、黒のカードを左に並べます。

カード

白0,黒1,白1,黒11

のような感じです。(相手に見えないように裏にして並べます。)

親は相手に見えないように山札からカードを1枚引きます。
引いたカードの数字をみて、相手の場にあるカードを当てます。

当てるカードを決めたら山札から引いたカードを裏にして当てようとしたカードの前におきます。

アタック配置
※画像手前側が親

相手カードの数字予想を相手に伝えます。
相手に数字を確認してもらいあたっていればアタック成功です。
外れていた場合はアタック失敗です。

予想した数字を相手に伝えるまでを「アタック」といいます。

Amazon:アルゴ

アルゴ:予想が外れた場合

親(数字を当てにいった人)は山札から引いたカードを表(数字が見える方)にして自身の4枚のカードの中に小さい順になるように並べます。(計5枚のカード)

アルゴ:予想が当った場合

当てられた方の人は当てられたカードを表(数字が見える方)にします。

親(数字を当てにいった人)には選択肢があります。

山札から引いたカードを使いアタックを続ける、又はステイする(アタックをやめる)

アタックを続ける場合は次に当てたいカードの前に移動しアタックします。

ステイする場合は山札から引いたカードを裏のまま自身の4枚のカードの中に小さい順になるように並べます。(計5枚のカード)

これを繰り返して相手のカードを全て当てたほうが勝ちです。
ここまでで1ラウンドです。親を交代してラウンドを繰り返します。

全てのプレーヤーが親になったら1ゲーム終了です。

Amazon:アルゴ

アルゴ:ポイントチップの使い方

アタックが成功したら10点
当てた数字が6の場合のみ更に10点

ラウンドで勝ったら当てられていないカードの枚数×10点です。

アルゴ:失格になる対象は何?

ルール通りカードを並べていなかったり、当てられた数字で嘘を付いたりしたらその場でカードを全て表にし2人プレイの場合はラウンド終了です。

Amazon:アルゴ