利息、利子はなぜつくのか?無くならないの?

利子とは何?

借りた側が借りたお金に対して何パーセントか上乗せして、お金を返してもらうことです。

たとえば、あなたが三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムからお金を借りたと想定します。。
アコムでは1万円~99万円までなら金利が7.7~18.0%です。

わかりやすいように実質年利を10%だとします。

アコムから10万円を365日借りると返済は1万円を上乗せして11万円をあなたがアコムに返します。
アコムが利子として1万円を上乗せでお金を返してもらっています。

つまり返してもらう側に利子が付きます。
銀行にお金をあずけていると利子が付くのと同じです。

利息とは何?

貸した側が借りた側からお金を上乗せして返すことです。

たとえば、あなたはアコムに行きお金を借りようとしました。
受付に行き10万円を365日貸して欲しいと窓口の人に言い。10万円を365日間借りました。
この10万円を365日貸りて10万円を返す時に1万円多くお金を返す必要があります。

つまりあなたが借りたお金に付くのが利息です。
借金をすると利息が付くのと同じです。

金利とは何?

借りたお金に対して、支払う利息の割合

アコムからお金を借りると利息が付きます。

10万円アコムから借りるとします。この10万円に対してかかるパーセンテージが金利です。
つまり10万円を365日借りてかかる金利が7.7~18.0%です。

FXnano(100通貨)で予算15万円、スワップポイントを使った複利運用を計算してみた。

お金を貸してもらっているから利息を払う

あなたは公共の場で物や場所を借りるとき対価を支払っていると思います。
まぁ多くの場合はお金でしょう。

僕も駅前の駐輪場を借りる時は1日100円ほど支払っています。
他人から場所を借りるのですから、それに対してお金を支払うのは当然です。

では、お金の時はどうでしょうか?さきほど挙げたアコムにお金を借りると利息が付きます。

借りた金額より何パーセントか多くお金を返さなくてはいけません。

駅前で借りる駐輪場と同じようにお金を貸してもらっているんですよね!?
借りているなら当然、レンタル料が発生します。
そう利息はお金をレンタルしていると思えばよいのです。

身内にお金を借りる場合は利息など要らない場合がありますが、
公共の施設でお金を借りるのですから当然、レンタル料金が発生します。

レンタル料金が発生しないとお金を貸している側は何のメリットもないわけです。
ただお金を貸して貸した額しか返ってこないならば、貸したくないのが人間の心理ではないでしょうか?

あなたは損をしている!!クレジットカードのリボ払いの落とし穴

貸しているから利子が付く

銀行にお金を預けると利子がつきますよね!?
なぜ銀行に預けると利子が付くのでしょうか?

あなたは銀行にお金を預けているだけなのに。

銀行はあなたが預けてくれたお金を個人や企業に貸しているのです。
当然、銀行は貸すのですから、利息付きでお金が返ってきます。

銀行が貸したお金は元々は銀行にお金を預けている人たちのものです。
つまりは、銀行を仲介してお金を貸していると言えるのではないでしょうか?

だから銀行に預けると利子が付くと覚えておきましょう。

要約するとお金を貸してあげているので、レンタル料をもらっているです。

利息が低くなるのはどんな時?

結論から言いますと、安定して収入があり滞納や延滞をしていない人になります。

まぁ要するに社会的信用のおける人です。

例に挙げるなら
毎月決まった給料があって返済能力もある人、多少給料が少なくてもコツコツ返してくれると思われる人ですね。

つまり利息の低い金融業者の審査に通る時に利息が低くなります。

この利息の低い金融業者の審査に通らないと次の章みたいになります(笑)

利息が高くなるのはどんな時?

あなたはどんな人にレンタル料を高くしてお金を貸したいですか?

おそらく、信用のおけない人ではないでしょうか?

たとえば、お金を貸して欲しい人はフリーターなのに1000万円貸してくれなんて言われたら、
この人返済できるの?ってなります。

利息が高いのにお金を借りに来る人は、さきほど挙げた利息が低いところで借りれなかった人が切羽詰って借りにきます。
利息が低いところで借りれなかった人ですから、弱みに付け込んで利息を高くして貸せる訳です。

お金を借りたい人も当然ながら、お金を貸してもらいたいので多少利息が高くてもお金を借ります。
お金を借りる側からすれば、どんだけ利息が高くてもいいから貸して欲しいという心理ですね。

なぜ、利子や利息はなくならないのか?

結論から言うと、利息が付いても借りたい人が居るからです。

貸す側も利子が付いてお金が戻ってくるので貸しても良いかなと思えます。

現代人のおよそ3分の1が借金をしていると言われています。

この不景気にお金を借りないで生活ができている人が大多数ですが、お金を借りて生活をしている人もいるということですね。

不景気ですが、踏ん張って生きていきましょうね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

  • 利息が払うもの
  • 金利は元金に対する利息の割合
  • 利子がもらうもの

覚えておきましょう。

以上、お読み頂きありがとうございます。