スーパーのポイントカードは何枚くらい持つのが良い?

スーパーのポイントカードは多くても3枚

ポイントカードを貯めるのは主に主婦ですね!
主婦が主に利用するのがスーパー。

あなたの街にスーパーは何件ありますか?3つ?4つ?
多くても4件くらいだと思います。

もしかして皆さんは住んでいる町にあるスーパーのポイントカードを全てお持ちだったりしませんか?

はっきり言います。止めてください、今すぐ2枚に絞りましょう。
ほかのスーパーのポイントカードはハサミを入れるかシュレッダーにかけてしまいましょう

スーパーのポイントカードを2枚に絞るワケ

ポイントカードはリピート率に直結します。
ポイントが貯まっているからあのスーパーに行こうだったり、もう少しでポイントを商品券だったりに変えられるからあのスーパーに行こうなど理由は様々ですが、
問題なのは、そのポイントカードを複数持っていると言うことなのです。

複数持っているということは買い物に行く回数が増えるということ、
当然ですよね、店の数だけポイントカードがあるのですから、ポイントを貯めようとあっちの店へ買い物、こっちの店で買い物。

どれだけ無駄遣いをすれば気が済むのですか?

【まとめ】

複数の店のポイントカードを持っていてポイントを貯めようとすると、必然的に買い物する回数が増え、必然的に必要のないものまで買ってしまう。
つまり無駄遣いが増えます。

スーパーのポイントカードには有効期限がある

ほとんどのポイントカードには有効期限がありますよね!?
なぜポイントカードに有効期限があるのかというと、これもリピート率を上げるためです。

例えば、
「この店のポイントカード、ポイントの有効期限切れそうだから買い物に行こうかな」と皆さんはなりませんか?
これは店のマーケティングにハマってしまっています。有効期限があるとせっかく貯めたポイントがゼロになってしまいます。

人間は損をするのが嫌いです。せっかくポイントカードにポイントを貯めたのになくなってしまう。
そうなってしまわないためにも、ポイントカードの数は最初から2枚程度にしておきましょう。

【まとめ】

有効期限のあるポイントカードは最初から持たない!作らない!
作っても「ポイントの有効期限が切れる」を理由に買い物に行かない。

残しておくべきスーパーのポイントカードとは?

結論から言いますと。

1枚目は近所のスーパーのポイントカード。
2枚目はよく使うスーパーのポイントカード。

では訳を説明していきます。

1枚目の近所のスーパーのポイントカードは近くて便利で交通費もそれほどかからないからです。

交通費がかからないというのは重要で、普段の買い物で交通費をかけるということは、買い物代プラス交通費ということ、交通費もったいないと思いませんか?
交通費をかけて、まとめ買いをして買い物する回数を減らすという方法がありますが、こちらもあまり推奨できません。

皆さんはスーパーで主に何を買いますか?食材ですよね!?
食材には賞味期限や腐敗するというデメリットがあります。食材はそもそもまとめ買いをするものではありません。

2枚目のよく使うスーパーのポイントカードはよく使っているのですか、ポイントが貯まりやすいのです。
このよく行くスーパーに関してはポイントカードを作らないともったいないです。

よく行くのにポイントカードを作っていないよって人はいますぐとは言いませんが、今度そのスーパーに買い物に行ったらついでにポイントカードを作成してください。
よく行くスーパーなので、有効期限が切れる心配もありません。
デメリットが何もないのです。

【まとめ】

よく行くスーパーと近所のスーパーのポイントカードを持っておこう。

ポイントの有効期限が切れる心配がない2枚です。

ポイントカードを作ってない人は今度、買い物をするときに作成しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ポイントカードをもつ枚数がなぜ2枚なのかお分かりいただけましたでしょうか?

ポイントカードを上手く使って日々の生活の糧にしていきましょうね!