仮想通貨って何?初心者必見!! サルでもわかる解説!!

仮想通貨ってなんだろうって思ったことはありませんか?

今回は仮想通貨に関することをわかりやすく解説します。

日本円は日本国内でしか使えませんが、仮想通貨は世界共通で使うことができます。
当然、仮想の通貨なので買い物をすることだってできます。ただし、取り扱い店のみでお買い物をすることができます。

海外に行く際に日本円だといちいちその国の通貨に両替しなければなりませんが、仮想通貨だと世界共通であるため、いちいち、金銭を両替する必要はありません。

仮想通貨の大きな特徴は大きく2つある

耳を傾ける

特定の国家による価値の保証を持たない通貨

仮想通貨は国が発行している通貨ではない

国家の価値の保証がないとはつまり、国の政府が発行しているお金ではありませんよ~ってことです。

通常、その国で使っている通貨は、

政府が発行する貨幣(硬貨)のみ

です。その国で使われている通貨のことを法定通貨と呼びます。

なぜ法定通貨というか?

その国の政府が決めて、その政府がお金として認めた紙幣または貨幣を発行しているからです。

つまり、その国においてその紙幣または貨幣をお金として保証しますよ~って国が認めている訳です。

例えば、日本で言うと円、アメリカで言うと$(ドル、ダラー)ですね。

政府が発行し、その国がお金として発行しているわけです。もちろん、法定通貨ですので、複製したりすると逮捕されます(笑)

仮想通貨は暗号化されていて偽造ができない

暗号化されたデジタル通貨

プログラミングをやっている方はわかると思いますが、

仮想通貨の偽造や二重払いといった通貨の基本的な問題を回避できるように設計されています。

暗号化とは内容をそのまま閲覧しても何が書いてあるかわからないことを言います。
内容を解読できてしまうと偽装や2重払いが出来てしまい、お金としての信用がなくなってしまいます。

なので仮想通貨は暗号化技術により暗号化されて、安全にお金として使えるようになってるのです。

もっとも有名な仮想通貨はビットコイン

ビットコイン

みなさんもビットコインという名前を1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

CMなどでビットフライヤーが宣伝しています。そのCMが↓を参照のこと

ビットフライヤーのサイト:ビットフライヤー

ビットコインは2008年にSatoshi Nakamoto名義で発表された論文(Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System)が発表され、2009年にビットコインネットワークがスタートし現在に至ります。暗号技術や分散システムの研究の集大成ともいえ、最初の仮想通貨(暗号通貨)ともいわれています。仮想通貨=ビットコインといえるほど、最もポピュラーな通貨で取引量・時価総額ともにトップとなっています(2017年12月現在)。
通貨の発行上限が2,100万枚と決められており、将来的に通貨がインフレーションを起こすことがないよう、設計されているのも大きな特徴です。

仮想通貨はインターネット上の通貨

ブロックチェーン

仮想通貨とは何か?

それはズバリ!民間の企業が仮想通貨を運営しているインターネット上の通貨、つまり現物がないお金です。

インターネット上のお金って実物がないからちょっと怖いですよね。

株式は株を持っている同士で取引を行うことができますが、仮想通貨も同様に持っている同士で取引をすることが可能です。

当然といえば、当然ですね。ブツブツ交換じゃあるまいし。。。

株式と同様に仮想通貨も値動きがありますので、トレーダーはFXと同様にその値動きで利益を上げていきます。

近年では、億単位で取引をする億トレーダーも仮想通貨に現れ始めました。
通称 億り人ですね。

当然、お金ですので、仮想通貨でお支払いができるお店でお買い物の際、使用できます。

通常のお金は銀行が発行していて、国がそのお金の価値を保証しています。

それに対して仮想通貨は発行の上限が決まっており、お金の価値を国が保証していません。

ブロックチェーンと呼ばれる仕組みで、その仮想通貨をみんなが使用すれば、お金としての価値が高まり、逆にみんながその仮想通貨を使わなくなれば、お金としての価値が下がるわけです。

仮想通貨の代表格であるビットコインで例えますと、1円から購入することは可能です。

しかし、実際には取引手数料などの便宜上の理由から、取引所によって最低取引額が決まっています。単位はビットコイン(BTC)で表します。

2017年5月の終わり頃には1ビットコイン(1BTC)30万円に近づきました。購入する人が増えたんですね。

仮想通貨の種類

仮想通貨種類

現在日本の取引所で扱う主要な仮想通貨は

ビットコイン
イーサリアム
イーサリアムクラシック
リップル
リスク(Lisk)
ファクトム(Factom)
モネロ(Monero)
オーガー(Augur)
ジーキャッシュ(Zcash)
ネム(NEM)
ダッシュ(Dash)
ライトコイン(Litecoin)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)
モナコイン(mona)

もちろん上記にて紹介させていただいた他にも日本で取引できる仮想通貨はたくさんあります。

世界で最初にできた仮想通貨ビットコインは、
ナカモトサトシを名乗る学者が発表した論文を基に設計され、
仮想通貨の代表格として名が知られています。

仮想通貨の今後

2017年にブームを向かえた仮想通貨ですが、今から仮想通貨を始めるのもなぁと思っているそこのあなた!そんな事はありません。

確かに前と比べて値上がり率は下がり、利益は前と比べると上げづらくなってきました。

値上がり率が低いと利益が少ないですが、そもそも仮想通貨取引で大金を得る人なんてホンのひと握りです。

値上がり率が高いと上にも下にも激しく動きますので、一攫千金か、大損するかの世界。

ちょっとしたすき間、時間に仮想通貨を始めてみようかなと考えている方はこれを機に始めてみてはいかがでしょうか?

仮想通貨のリスク

仮想通貨リスク

仮想通貨は為替と同様、需要と供給によって価値が変化します。FX取引をしている人はわかると思いますが、

例えば、日本円とアメリカドルの場合で言うと、

1ドルが100円の時もあれば、1ドルが110円の時もあるってことです。

仮想通貨も同様にその時々で仮想通貨の価値が変わります。

あとはニュースにもなりましたが、サイバー攻撃による仮想通貨の流出があります。

僕はこのサイバー攻撃があることを知っていたため、仮想通貨には手をだしていません。ネットほど信用できないものはありませんからね。

他にもリスクはありますが、あとは外部リンクを張っておくのでそちらを参照してください。

DMMビットコイン:仮想通貨の取引リスクについて

仮想通貨の始め方

仮想通貨は基本的にはこの3ステップで始めることができます。

ステップ1. 取引所に登録

ステップ2. 入金(銀行振り込みかコンビニに振込)

ステップ3. 投資する仮想通貨の種類を選び仮想通貨を買う。

株を始めたことないのに、いきなり仮想通貨を始めても大丈夫なのかと不安になると思います

しかし!安心してください。

もちろん、株をやられたことのある人も仮想通貨で取引を行っていますが、ほとんどの方は投資未経験の初心者です。

そう、最初はみんな初心者なのです!!←これ大事

大事なのは、利益を上げる為に勉強し、仮想通貨で利益を上げることに熱中できることです。
会社の給料ではなく、将来的には仮想通貨のみで生活していきたいという意気込みがあれば大丈夫です。

仮想通貨取引所の選び方

取引所のセキュリティが万全でないと、見知らぬ誰かにあなたの大切な仮想通貨が盗まれてしまうリスクがあります。

例を上げるとビットフライヤーやcoincheckなどですね。

余談ですが、coincheckはマネックスグループに買収されました。
その結果、マネックス証券の株価が上がりましたね。

あなたの大切な仮想通貨を守る為にもセキュリティがしっかりしている取引所で取引を行うようにしましょう。

また、取引所の手数料が高いとせっかく仮想通貨で利益を上げたのに手数料でほんとんど取られてしまったという事が起きてしまうので、手数料が安い取引所を選ぶようにします。

coincheck手数料安かったのに残念です。。。

確定申告を忘れずに!!

仮想通貨で20万円以上の利益を得た際は税務署に確定申告をすることを忘れないようにしましょう。

もし、忘れてしまいますと、余分に税金を納めなければならなかったり、最悪の場合逮捕されるリスクがございますので、しっかりと納税は行うように!!

参照にした記事一覧

この記事を作成したライターさんの原文は下記をクリック!!


この記事を書いた人

この記事を書いた人:クッキ6527
依頼媒体:ココナラ
編集&追記:lunch(このサイトの運営者)