現役ライター教える!読んでもらえる記事を書くために気をつけている【3選】

Webでの情報発信がますます重要になると言われる現代では、文章を書いて発信できるという能力は間違いなく武器になります。「文章を書く」というだけなら簡単そうに思えますが、何も考えずただひたすら書いて、webで発信するだけではなかなか成果が現れません。

せっかく時間を使って文章を書くなら、何かしらの成果が欲しいですよね。
そこで今回は、他人からきちんと最後まで読んでもらえる、自然にアクセスが集まる、信頼してもらえる記事作りで最低限意識しておきたいことを現役のライターが紹介します。

読んでもらえる記事を書くために必要な3つのこと

今回紹介する記事作成に必要なことは、「読者目線を忘れないこと」「競合調査を行うこと」「一次情報を基本にすること」の3点です。それでは早速、順番に説明していきます。

読んでもらえる記事はターゲットが定まっているんです!

伝わらない記事に共通しているのは、誰に向けた情報なのかが曖昧な点です。誰に向けて書くのかを明確にしないまま書いた記事は、意味が通じず途中で読まれなくなってしまいます。

例えば、医学知識のない人へ向けた健康記事を書こうというとき、医学書に出てくるような専門用語を連ねても意味が通じません。また、初めて見るような単語にはきちんと解説を入れなければ、難しすぎて読んでもらえないのです。

読んでもらうためにライバル記事は下調べする。

記事を書いてネットで発信するなら、SEOのことをちゃんと考えておきたいですよね。

必ずしも検索で1位を取る必要はないかもしれませんが、膨大な量の検索結果から見つけてもらいやすくするためには、少なくとも1ページ目にはいたいはず。

上位を狙うための記事作りのコツは、ライバルの記事(すでに検索上位にある記事)に目を通し、どのようなことが書かれているのかを確認し、なぜこの記事が上位表示されているのかを仮定するんです。

記事を書くときは、こうして集めた情報を元に、戦略を練っていきます。

読んでもらうためにはオリジナリティーが必要!!

Webの記事は総じて品質が悪いと言われています。
その理由は、web記事を執筆する人(例えばライター)が、一次情報を取りに行かないからです。今ライターをされている方で、一次情報の意味がわからない方はかなりマズイ状況です。

ネットにある記事をいくつか見ると、言葉が違うだけで大抵同じような内容のことが書かれています。
それはつまり、一つの記事を元に、リライトが盛んに行われている証拠です。

ネットに掲載するといっても、良質な記事を書くためには、図書館で資料を探したり、街を歩いたり、関係者に取材をしたりという地味な作業が不可欠です。

まとめ

いかがでしたか? Webの場合は記事が大量に必要だという風潮があり、1本1本の記事の質をあまり重視しない方もいるようです。

しかし、検索ユーザーの立場になって考えれば、薄っぺらな情報がいくつも散在するより、1本のしっかりした記事があればいいと思いませんか? 検索ユーザーあるいは読者に対して、いかに寄り添えるかが、いい記事作りに必要な姿勢です。

この記事を書いた人

この記事を書いた人:ポンポン@ライター
依頼媒体:ココナラ