時間の無駄遣いをしている人の行動3選と解決法

こんにちは、時間を無駄に消費したい、タリキほんがんブロガーのlunchです。

みなさんは時間を無駄に使っているなぁって思ったことはありませんか?

今回は時間を無駄に使ってしまっている行動をいくつか紹介していきます。

見たくもないテレビがいつもついていると時間の無駄遣いになる

テレビがついているとどうしても、テレビに目が行ってしまうなんてことを経験したことはありませんか?

テレビを放送している局も視聴率が欲しいわけですから、みなさんの興味がありそうなことしか放送していません。

時間の無駄使い:テレビの例え

いま話題のニュースや美容法、健康法、はたまた病気の予防法。
人間にとって健康は死活問題ですよね!?

健康は誰しも気になるものです。

かと言って”ながら”をしてしまうとどっちも頭に入っていないような気がしてなりません、、、

スマホをいじりながらテレビをみたり、本を片手にCMの時だけ本を読むなど、
絶対に頭に入らないのでやめた方がよいでしょう。

ということで、テレビがついていれば見てしまうものと思い用のないときはテレビを消しておくことをおすすめします。

買うつもりもないのに店内をうろつくと時間の無駄遣いになる

散歩がてらスーパーや家電量販店などに行った経験などはありませんか?

その行動、時間もお金も無駄になっています。

用もないのにお店に入り店内をうろつくってことは、散歩程度の運動にはなっていますが、
生産性がありません。しかも、目についた商品が欲しくて衝動買いを招くおそれもありますし、、、
そんなことをするくらいなら、ランニングマシンでも購入して本を片手にウォーキングをしていたほうがよっぽどマシです。

ランニングマシンは「投資」に値するので購入しても損ではないはずです。

2度手間をすると時間の無駄遣いになる

2度手間は時間の無駄使いの最たるものです。

1度でできることを2度の作業で完了するのは、本当に無駄以外の何者でもありません。

みなさんは動いてから考える人ですか?
それとも考えてから動く人ですか?

私は経験上動いてから考えるよりも、考えてから動いたほうが良いことを実感しています。

時間の無駄使い:2度手間の例え

動いてから考えるというのは、2度手間をうむ可能性が高いことに他なりません。
2度手間が発生すると、時間が無駄になる!!

動いてから考えろ!と言ってくる人がいますが、
時間を無駄にしないという考え方からいうと
その人は「頭の良い人」か、「ただの馬鹿」のどちらかです。

今すぐやめましょう。

考えてから行動するというのは、”考える”に重要な意味があります。

つまり効率を考えてから行動するのが時間の無駄使いを減らすことになります。

以上のことから、行動する前に考えましょうということがお分かりいただけたかと思います。

まとめ

”用もないのに”これが時間を無駄に使っている原因です。

”用もないのに”これを人生の中で極力減らす努力をするようにしましょうね。

テレビを消す

店内をうろつかない

考えてから行動する。

この上記の3点をなるべく意識して日々の生活を送っていっていただきたいと思います。