1日は86,400秒、未来に投資を!時間を大切に過ごすたった1つの方法

あなたは毎日をどのように過ごしていますか?
無駄に時間を使っていたりしませんか?
1秒が何回過ぎると1日になるかはご存知ですか?

はい。86400秒で1日になります。

86400秒もあるわけですね、このうち睡眠に約3分の1、
仕事に約3分の1、残りの3分の1はプライベートな時間なわけですが、
このプライベートな時間を有意義に過ごせている自信はありますか?
時間の有意義な過ごし方を紹介していきます。

時間(86400秒)をお金に変えて例えてみた。

お金の使い方の意識として「消費」「浪費」「投資」という概念があります。

時間(86400秒)をお金に変えて例える。浪費になる例

今日は暑いからアイスクリームを買って食べたとします。
これは自分の欲望のままにアイスクリームを買ってしまったので、「浪費」になります。

時間(86400秒)をお金に変えて例える。消費になる例

熱中症の予防にスポーツドリンクを買った
これは熱中症を予防するために必要だから買ったので、「消費」になります。

時間(86400秒)をお金に変えて例える。投資になる例

プロテインを買って足腰の筋肉を鍛えた
これは将来寝たきりにならないように未来の自身に「投資」をしたことになります。

これを時間にも当てはめて考えてみましょう、
1日86400秒の約3分の1ですから、プライベートな時間に使える秒数は28800秒ですね。

時間(86400秒)をお金に換算したら消費になる例

あなたはなんとなくSNSをダラダラ見ていたりしていませんか?

そのSNSをみる目的は定まっていますか?

明確な目的がないことにはただ時間を「消費」していることになります。

もったいないと思いませんか、
例えば、
SNSを見ている時間を仮に20分としましょう、秒換算で1200秒です。
これをお金だとすると1200円の「消費」をしていることになります。

1200円です。そこそこ高いハードカバーの本が買えてしまいます。

では時間的に「投資」として使えるのか考えていきましょう。

時間(86400秒)を「投資」的に使うことを考えてみる。

結論から言うと将来、自身のためになりそうなことをすれば良いのです。

「投資」って言っていますから、未来に投資ってことになると思います。

「投資」になれば、なんでも良いのです。

例えば、仕事のスキルアップのためにビジネス書を読んでみたり。

健康のためにランニングなどの軽い運動をしてもよいでしょう。

ときには、ハメを外すことも「投資」になるのではないでしょうか?

精神的に病んでしまっては社会不適合者になる可能性があるためです。

まぁつまりストレス解消も重要な時間の使い方だということです。

なにもお金を使えとは言っていません。

テレビをつければ、NHKなど勉強になるようなことは放送されています。

ストレス解消も「笑い」ということから考えればバラエティーがあります。

人間笑えば、体にいい影響があることが証明されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

時間をお金のように考え、時間を使うときには「投資」を意識する。

みなさんも「投資」を意識して時間を使ってみてはいかがでしょうか?