小さな物音で目が覚めてしまう人必見!!寝ていて、多少の物音で目を覚まさない唯一の方法

寝ていて小さな物音で目が覚めてしまうってことはありませんか?

今回は、寝ている時に小さな物音で目が覚めてしまう時の対処法を紹介します。

小さな物音で目覚めるのはそもそも静かな場所で寝ているから!

小さな物音で目覚める人は大抵、静かな場所で寝ています。または静かな場所で寝ることに慣れている人です。
結論から言うと、静かな場所で寝てはいけないと言うことです。

私の経験上ですが、静かな場所で寝ていると小さな物音で目覚めてしまいます。

例えば、まぁ僕の場合ですが、
同じ場所で比較しています。

静かな場所で対策をせずに寝た場合と対策をした場合には歴然の差があります。
静かなところで寝ていてドアがバタンとしまる音で目が覚めてしまいます。

僕がうるさいところで寝ていて同じようなドアがバタンとしまる音でも目覚めないのです。

いつもは静かな場所なのになぜうるさい時があるのかって?
それは隣の部屋に人がいてうるさい時があるからです。

なぜ目を覚ましていないのにドアが閉まったのがわかるのかって?
家族といると大抵行動パターンが決まってきます。

だいたい何時頃にドアが閉まる音がするのか予測が付くからです。

なぜうるさいところで寝ると物音で起きないのかというと、
これは推測の域を出ませんが、眠りについた時の音が基準になると私は考えています。

つまり、大音量で音楽を聴きながら寝るとその音以上の物音でないと目が覚めないということです。

もちろん、眠りが浅い時、つまりレム催眠の時はその音楽の音で目覚めてしまう時がありますが、
そもそも睡眠が浅い時に音楽で起きるので、全く不快ではないと言うことです。

不意に物音で、目が覚めると、嫌ですよね!?
例えば、
物音で起こされる時は目覚ましのアラームで起こされる時と同じ感覚です。
眠りが浅い時に音楽で起こされる時は目覚ましをかけず自然に起きた時の感覚に似ています。

【まとめ】

小さな物音で起きてイライラするくらいなら最初からうるさい場所で寝ろ!!
うるさくする方も悪いが目が覚めてしまうのに対策を打たないやつも悪い!!

物音で目が覚めてしまう時の対処法

結論から言うと、うるさい場所で寝ることになれましょう。

普段から静かな場所で寝ることに慣れているので、少しの物音で目が覚めてしまうのです。

静かなところで寝るのに慣れている人は、最初は寝つきが悪くなるかもしれませんが、
クラッシクとかを最初の音楽にするとだいぶマシになります。
クラシックとか眠くなりますしね(笑)

もちろん最初は寝付ける程度の音量で問題ありません。
じょじょに寝るときにかける音楽の音量を高くしていけば良いのです。

【まとめ】

寝るときは音楽を低音量から流して眠りにつく練習をする。
音楽自体はオフタイマーをかけておけば問題ない。眠りについた時の周りの音量が基準になるから。
低音量で寝るのに慣れてきたら、じょじょに音量を上げていくこと。

これをマスターしたらあなたはもう物音で起きることはないでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私の経験でものを言いましたが、
長年経験して得た知恵です、試してみて損はないと思いますよ。

信じるか信じないかは自由ですがね(笑)

以上、お読み頂きありがとうございました。