パスワードを忘れる人必見!!覚えやすくて絶対に忘れないたったひとつのパスワード作成法を紹介します。

みなさんはパスワードを忘れてしまって、ログインができないことありませんか?

私は忘れないパスワードを2、3個使いまわしています。

おそらく、あかの他人には絶対に破られないパスワードです。

今回はそのたったひとつの絶対に忘れないパスワードの作成方法を紹介します。

感情と結びついているパスワードならば絶対に忘れないうえに覚えやすい!!

結論から述べると、学生時代に好きだった人の誕生日と名前をパスワードにすれば良いのです。

学生時代の好きだった人の名前や誕生日をパスワードにするというのがポイントです。

別に名前や誕生日をパスワードににしなくても良くて、好きだったところや動作をローマ字で文章にしてパスワードにしても良いでしょう。

これほど、家族に推測されないうえに忘れないし覚えやすいパスワードが他に存在するでしょうか?

みなさんの学生時代の好きだった人を覚えている人が果たして他にいるでしょうか?

友人、知人、家族ならともかく、あかの他人では絶対にわからない情報です。

もしかしたら、好きな人をパスワードにすれば、家族すらわからないことだってあります。

学生時代の好きな人は家族にも明かしていない人がほとんどではないですか。

小学生の時の好きだった人や中学、高校、大学、専門学校、と順番に好きな人の情報をパスワードにしていけば忘れないし、覚えやすいパスワードが少なくとも高校までで、小、中、高、と3つのパスワードを作成できるわけです。

注意して欲しいのは、趣味のことだったりをパスワードにしてはいけないということです。

趣味は周りの人が知っていることが多々あるため、そこからパスワードを推測されやすくなります。

完全プライベートな趣味ならば良いですが、おおやけにしている趣味のことをパスワードにするのはやめましょう。

【まとめ】

学生時代に好きだったものや人をパスワードにすれば忘れない上に覚えやすい!!

家族のことに関するパスワードはやめよう!!覚えやすいのは確かだが、推測されやすい!!

家族の情報に関することでパスワードを作成するのはやめましょう。

自身の誕生日や名前なんてもっての他です。

覚えやすいパスワードには変わりはありませんが、他人に推測されやすいため、おすすめしません。

自身のことをどうしてもパスワードにしたければ、小学校や中学校の時の通信簿の5教科の欄の数字を上から順番に入れたあと自身の誕生日だったりを追加してパスワードにすれば覚えやすいと思います。

現在、の情報をパスワードにするのではなく過去の自分の情報(他人がわからない)を追加でパスワードに含めましょう。

パスワードを忘れてしまったら通信簿を見返し、自身の誕生日と合わせれば、パスワードを思い出すのではないでしょうか?

通信簿でなくとも、子供のころ好きだったものでも良いのです。

【まとめ】

現在の情報と過去の情報を織り交ぜ、他人が推測しにくいパスワードを作成しよう。少なくとも好きだったものや人は忘れにくいし覚えやすい!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

好きだった人や物をパスワードにする。
現在の情報と過去の情報を織り交ぜパスワードにする。

上記の組み合わせでパスワードを生成すれば何通りも覚えやすいパスワードが作成できるでしょう。